top of page

国立新美術館にて開催中「テート美術館展 光 ― ターナー、印象派から現代へ」割引付きしおりを配布しています。


英国・テート美術館 のコレクションより「光」をテーマに作品を厳選し、18世紀末から現代までの約200年間におよぶアーティストたちの独創的な創作の軌跡に注目する展覧会。

「光の画家」と呼ばれるジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーや風景画の名手ジョン・コンスタブルといった英国近代美術史を彩る重要な画家たちの創作、クロード・モネをはじめとする印象派の画家たちによる光の描写の追求、モホイ=ナジ・ラースローの映像作品やバウハウスの写真家たちによる光を使った実験の成果、さらにブリジット・ライリー、ジェームズ・タレル、オラファー・エリアソン等の現代アーティストによってもたらされる視覚体験にまで目を向けます。

本展では、異なる時代、異なる地域で制作された約120点の作品を一堂に集め、各テーマの中で展示作品が相互に呼応するようなこれまでにない会場構成を行います。絵画、写真、素描、キネティック・アート、インスタレーション、さらに映像等の多様な作品を通じ、様々なアーティストたちがどのように光の特性とその輝きに魅了されたのかを検証します。


ただいまwin*keyでは、割引付きしおりを都内書店やイギリス料理店などで配布中です。ぜひお手に取ってみてください。

 

会場:国立新美術館

会期:2023年7月12日(水)〜10月2日(月)

開館時間:10:00〜18:00

※毎週金・土曜日は20:00まで ※入場は閉館の30分前まで

休館日:毎週火曜日

主催:国立新美術館、テート美術館、日本経済新聞社、テレビ東京、BSテレビ東京、TBS、BS-TBS

協賛:ウェッジウッド、大林組、関彰商事、SOMPOホールディングス、ダイキン工業、DNP大日本印刷、大和証券グループ、三井不動産、横河電機

協力:日本航空、フィナンシャル・タイムズ

後援:ブリティッシュ・カウンシル

Comments


​カテゴリー
最新記事
アーカイブ
bottom of page