top of page

愛知県美術館「展覧会 岡本太郎」しおり&ステッカーを配布しています。


《太陽の塔》で知られる芸術家・岡本太郎(1911-1996)の大回顧展。


1929年に渡仏した岡本太郎は、抽象表現に影響を受けながら画家としてのアイデンティティを確立していきます。帰国後、自らの芸術理念の核となる「対極主義」を提唱し、制作だけではなく『今日の芸術』、『日本の伝統』などの書籍を通じ文化・芸術論を展開。《太陽の塔》を頂点とするパブリックな空間に展開する巨大な彫刻や壁画など生活の中で生きる作品群は、「芸術は大衆のものである」という岡本太郎の信念そのものを象徴し、それ故に没後もなお、多くの人々を惹き付けています。本展では岡本太郎の代表作を網羅しつつ、これまであまり注目されてこなかった晩年の作品なども紹介します。


ただいまwin*keyでは、「展覧会 岡本太郎」のしおりを名古屋市内書店などで、ステッカーを名古屋市内カフェなどで配布中。ぜひお手に取って、足を運んでみてくださいね。

 

会場:愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)

会期:2023年1月14日(土)~3月14日(火)

休館日:1月16日(月)、2月6日(月)、2月20日(月)、3月6日(月)

開館時間:10:00~18:00(金曜日は20:00まで)

主催:愛知県美術館、公益財団法人岡本太郎記念現代芸術振興財団、川崎市岡本太郎美術館、NHK名古屋放送局、NHKエンタープライズ中部

協賛:NISSHA、三井住友海上

Comments


​カテゴリー
最新記事
アーカイブ
bottom of page