「ラブレターコンテスト」の記事を考える座談会を開催しました。


日本製紙連合会が2011年から始め、今回が12回目の開催となる「ラブレターコンテスト」。


「片思いをしている相手」「恋人・夫婦へ」「家族」「友だち」などの、大切な思いを伝えたい相手に対して綴ったラブレターを募集し、応募作品の中から優秀作品に選ばれた方に豪華賞品をプレゼントする本企画。


携帯電話やメールといったデジタルツールのコミュニケーションに慣例化した今だからこそ、「手紙を書く」体験を通じて、デジタルにはない、紙に書いて気持ちを伝えることの良さや効果を再認識することを目的としています。


ch FILESでは、昨年に続き、2月号に掲載する「ラブレターコンテスト」の記事を考える座談会を実施しました。

「実際にラブレターをもらったことある人はいるの?」という高校生の声から始まり、「今年はアンケートを入れよう!」と高校生のラブレター事情やラブレター願望などを盛り込む形になりそうです!


また今年も、各校へch FILESと一緒に「ラブレターコンテスト」のポスターや応募キットをお送りする予定です。


ぜひ、2月号で高校生のリアルなラブレター事情をチェックしてから、「ラブレターコンテスト」に応募してみてくださいね!

​カテゴリー
最新記事
アーカイブ