【プレゼント🎁】映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』プレスシート(非売品)

1998年長野五輪、日本中が歓喜に沸いたスキージャンプ団体悲願の金メダル。この栄光を陰で支えた25人のテストジャンパーたちの知られざる感動秘話を映画化した『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』が6月18日(金)についに公開!


長野五輪での手に汗握る団体戦の攻防、吹雪による競技中断、そんな中、競技が再開できるかを図るために行われた、田中圭演じる西方ら25人のテストジャンパーたちの決死のテストジャンプ。

史実に基づいてダイナミックに描くオリジナルストーリー、この隠された真実をぜひ劇場で。


映画の公開を記念して、映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』プレスシート(非売品)を抽選でプレゼント!

win*keyで運営する下記サイトからご応募お待ちしております。

FLYINGPOSTMANPRESS公式サイト

FLYINGPOSTMANPRESS公式Twitter

ch FILES公式Webサイト

ch FILES東海版公式Twitter

ch FILES東海版公式インスタ

ch FILES東海版公式アプリ

6月20日(日)〆切



・・・・・・・・・・




【STORY】

長野オリンピック・ラージヒル団体で日本初の金メダルを狙うスキージャンプチーム。そこに、エース原田のジャンプを複雑な想いで見つめる男―元日本代表・西方仁也(田中圭)がいた。前回大会・リレハンメルオリンピックで、西方は原田とともに代表選手として出場するも、結果は銀メダル。4年後の雪辱を誓い練習に打ち込んだが、代表を落選。

失意の中、テストジャンパーとしてオリンピックへの参加を依頼され、屈辱を感じながらも裏方に甘んじる。そして迎えた本番。団体戦の1本目のジャンプで、日本はまさかの4位に後退。しかも猛吹雪により競技が中断。

メダルの可能性が消えかけた時、審判員たちから提示されたのは、「テストジャンパー21人全員が無事に飛べたら競技を再開する」という前代未聞の条件だった…。

命の危険も伴う悪天候の中、金メダルへのかすかな希望は西方たち25人のテストジャンパーに託された―。



【映画情報】

ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~

監督:飯塚健

出演:田中 圭、土屋太鳳、山田裕貴、眞栄田郷敦、 小坂菜緒 (日向坂46)/濱津隆之/古田新太

©2021映画「ヒノマルソウル」製作委員会



6月18日(金)よりミッドランドスクエアシネマ他全国東宝系にてロードショー
​カテゴリー
最新記事
アーカイブ