top of page

上野の森美術館「兵馬俑と古代中国 〜秦漢文明の遺産〜」しおり&ステッカーを配布しています。


兵馬俑とは、兵士や馬をかたどった像で、陵墓に収められました。始皇帝陵に埋蔵が推定される約8,000体は、顔、体、服装のひとつひとつが異なると言われています。


本展では、秦漢両王朝の中心地域であった陝西省の出土品を中心に、日本初公開となる貴重な文物を多数展覧。それらが語る歴史を紐解いていく。戦国時代の極小の騎馬俑が、なぜ始皇帝陵の等身大の兵馬俑となり、漢代では再び小さくなったのか?なぜ西方の秦が、東の関を守り抜き、東方の六国に勝利しえたのか?日中国交正常化から50周年を数える2022年、古代中国の知られざる秘密が明かされます。


ただいまwin*keyでは、「兵馬俑と古代中国 〜秦漢文明の遺産〜」しおりを都内書店などで、ステッカーを都内カフェなどで配布中。ぜひお手に取って、足を運んでみてくださいね。

 

会場:上野の森美術館

会期:2022年11月22日(火)〜2023年2月5日(日)

休館日:2022年12月31日(土)、2023年1月1日(日)

開館時間:9:30~18:00

※入館は閉館の30分前まで

主催:東京新聞、フジテレビジョン、上野の森美術館、陝西省文物局、陝西歴史博物館(陝西省文物交流中心)、秦始皇帝陵博物院

後援:外務省、中国大使館、公益社団法人日本中国友好協会

協賛:DNP大日本印刷

協力:一般財団法人日本中国文化交流協会、東海大学情報技術センター

Comments


​カテゴリー
最新記事
アーカイブ
bottom of page