top of page

Bunkamuraザ・ミュージアム「マリー・ローランサンとモード」割引付きステッカーを配布しています。


1920年代の激動のパリ。それは様々な才能がジャンルを超えて交錯した奇跡のような空間でした。とりわけ女性たちの活躍には、目を見張るものがありましたが、ともに1883年に生まれたマリー・ローランサンとココ・シャネルの二人は、大戦後の自由な時代を生きる女性たちの代表ともいえる存在でした。


女性的な美をひたすら追求したローランサンと、男性服の素材やスポーツウェアを女性服に取り入れたシャネル。美術とファッションの境界を交差するように生きた二人の活躍を軸に、ポール・ポワレ、ジャン・コクトー、マン・レイ、そして美しいバイアスカットを駆使したマドレーヌ・ヴィオネなど、時代を彩った人々との関係にも触れながら、モダンとクラシックが絶妙に融合する両大戦間パリの芸術界を俯瞰します。


本展では、オランジュリー美術館やマリー・ローランサン美術館など国内外のコレクションから、約90点のラインナップでご紹介。時代とともにありながら、時代を超えた存在となったローランサンとシャネル。二人の創作の今日的な意味とその真価を、生誕140年を記念するこの展覧会でお楽しみいただけます。


ただいまwin*keyでは、本展の割引付きステッカーを都内カフェなどで配布中。ぜひお手に取って、足を運んでみてくださいね。

 

会場:Bunkamuraザ・ミュージアム

会期:2023年2月14日(火)~4月9日(日)

休室日:月曜日

開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)

※毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)

※金・土の夜間開館につきましては、状況により変更になる場合がございます。

主催:Bunkamura、日本経済新聞社

協力:ヤマト運輸

後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、TOKYO MX、TOKYO FM

企画協力:美術デザイン研究所

Commentaires


​カテゴリー
最新記事
アーカイブ
bottom of page