映画『リカ 〜自称28歳の純愛モンスター〜』高岡早紀が語る“男女問わず共感してしまうリカの魅力”


「この女、怖すぎてヤバイ」とSNSで話題騒然!第二回ホラーサスペンス大賞を受賞した原作「リカ」シリーズがドラマ化を経てついに映画化。

幼い頃から愛に恵まれなかった雨宮リカは、夫像、結婚像、家庭像に少女のような憧れと純粋さを持つ、自称28歳の女性。そして運命の男性に出逢った時、彼女のピュアな愛情は炸裂し、手段を選ばない最恐の“純愛モンスター”と化していくー。


誰もが目を奪われてしまう振り切った演技で、観客を「リカ」ワールドに引き込んでいく高岡早紀さんに、リカの魅力を語っていただきました。


インタビュー全文は、FLYING POSTMAN PRESS公式サイトから



・・・・・・・・・・



映画『リカ 〜自称28歳の純愛モンスター〜』‬


【STORY】

山中でスーツケースに入った死体が発見された。被害者の身元は、3年前、逃走犯の雨宮リカ(高岡早紀)に拉致され行方不明になっていた本間。警視庁捜査一課の奥山(市原隼人)は、潜伏中のリカをおびき寄せるため、偽名を使いマッチングアプリでリカを探し出すことに成功。次第に“純愛モンスター”リカにのめり込んでいく。「やっと会える、雨宮リカ」―捜査と共にリカにのめり込んでいく奥山を心配する婚約者の孝子(内田理央)は、同僚の尚美(佐々木希)と共に彼の部屋へと向かうのだが…。


【映画情報】

出演:高岡早紀 / 市原隼人 内田理央 尾美としのり マギー 佐々木希

監督:松木創

原作:五十嵐貴久「リカ」「リターン」(幻冬舎文庫)

主題歌:FAKY「99」(rhythm zone)

挿入歌:Lil’ Fang(from FAKY)「人形の家」(rhythm zone)

配給:ハピネットファントム・スタジオ


6月18日(金)より全国ロードショー

​カテゴリー
最新記事
アーカイブ