10/26(金)公開!映画『あいあい傘』で監督・脚本を務める宅間孝行にインタビュー

October 10, 2018

 

宅間孝行主宰の劇団「東京セレソンデラックス」が2007年に上演し、“幻の名作”と称される舞台『あいあい傘』が11年の歳月をかけ、ついに映画化!本作で監督・脚本を務める宅間孝行が撮影技法から本作の裏話まで語ってくれました。

 

詳しくは〈FLYING POSTMAN PRESS 公式サイト〉で掲載中です!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

STORY

思い出すのは、遠くはなれた家族のこと。

生き別れてしまった父と娘の切なくも心に沁みる5日間の物語

 恋園神社のある小さな田舎町。年に一度の祭りが近づいた日、さつき(倉科カナ)は、25年前に姿を消した父の六郎(立川談春)を探しにその町へやって来た。宿に向かう途中、偶然にも六郎を知るテキ屋の清太郎(市原隼人)と出会い、祭りの取材をしたいという嘘をついて町を案内してもらうことにする。

 散策しながら次第に明らかになる現在の六郎の生活。さつきは意を決して、父の新しい家族――奥さんの玉枝(原田知世)と彼女の一人娘に会いに行こうとする。会いたくても会えなかった父と娘の本当の想いは届くのか……。

 

『あいあい傘』

出演:倉科カナ 市原隼人 トミーズ雅 立川談春 原田知世

監督・脚本:宅間孝行

主題歌:竹内まりや『小さな願い』(ワーナーミュージック・ジャパン)

配給:SDP

©2018 映画「あいあい傘」製作委員会

公式ホームページ

 

映画『あいあい傘』は10/26(金)より全国ロードショー

Please reload

​カテゴリー
最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

Copyright©winkey Co.,Ltd.All rights reserved​

  • Twitter Square