舞台『死神の精度』で主人公の死神・千葉を演じる萩原聖人にインタビュー

September 5, 2018

 

 

伊坂幸太郎原作の『死神の精度』。2009年に和田憲明の脚本演出により、伊坂作品として初めて舞台化された。それから9年舞台『死神の精度』が9月13日(木)にアートピアホール(名古屋市青少年センター)で再演されます。本作で主人公の死神・千葉を演じる萩原聖人に舞台の見どころから日本の演劇文化まで、30年以上舞台に携わってきた俳優としての生の声をお聞きしました。

 

詳しくは〈FLYING POSTMAN PRESS 公式サイト〉で掲載中です!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

<舞台情報>

舞台『死神の精度』

原作:伊坂幸太郎『死神の精度』(文春文庫刊)

出演:萩原聖人、植田圭輔、細見大輔、ラサール石井

会場:アートピアホール(青少年文化センター)

9月13日(木) ①14:00開演(アフタートークあり) ②19:00開演

料金(全席指定・税込)=6800円

※開場は開演の30分前

※未就学児入場不可

 

Please reload

​カテゴリー
最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

Copyright©winkey Co.,Ltd.All rights reserved​

  • Twitter Square